pagetop

【寒さ編】体温調節の苦手なうさぎにできること

暑さ対策の記事はこちら→ 【暑さ編】体温調節の苦手なうさぎにできること

暑さ対策の記事を読んでいただいた方は、
いかにうさぎさんが体温調節が苦手かがわかったかと思います。

うさぎさんが暑さに弱いのはもちろんですが、
寒さにも弱いのも事実。

暑さに比べたら寒さのほうが得意ですが、
だからといって放っておくと寒すぎて病気になってしまいます。


今回は、うさぎさんの寒さ対策について一緒に勉強しましょう!

うさぎさんの体温を知るには?

暑さ編でも書きましたが、こちらでもおさらいです。
うさぎさんは、耳にたくさんの血管が通っています。
この血管を冷やすことで、多少の体温調節ができます。

我が家のうさぎさんの耳を触ってみてください。
耳が熱ければ、暑がっているかもしれません。
逆に、耳が冷たければ寒がっているかもしれないのです。

普段からよく頭をなでて、耳を触っても大丈夫なようにしておきましょう。

うさぎさんの寒さ対策

うさぎさんの寒さ対策は、暑さ対策と同じで、
部屋自体を暖かくする方法と、
うさぎさんのケージ内に寒さ対策をする方法があります。
そして、朝晩の寒暖差があまりないのが望ましいです。

部屋全体を暖かくする方法

部屋全体を暖かくするのであれば、エアコンの暖房機能が役立ちますね。
室温は最低でも20度をキープしましょう。

そして、暖房を使用する場合でも、サーキュレーターが役立ちます。

暖かい空気は部屋の上の方に溜まります。
なので、
エアコンの風向きは下向き、サーキュレーターの向きは天井を向けましょう。

こうすることで、上の方に溜まってしまう空気を、サーキュレーターの力で循環させることができます。

人間も暖かさを感じることができますので、
ぜひやってみてくださいね!

うさぎさんのケージ内で寒さ対策をする方法

ケージ内の寒さ対策では、うさぎさん専用のヒーターを使ったり、
ケージの外に設置するタイプのヒーターを使う方法があります。

ケージの中に置くヒーター

うさ暖出典:MARUKAN

ケージの中にマット状のヒーターを起き、
そのうえにうさぎさんが乗ることで、暖かさを感じることができます。
このタイプは使用している方も多く、
うさぎさんがほっこりしている姿を見るとこちらまで癒されます!

コード部分は金属のチューブでカバーされているので、
コードをかじってしまう心配はありません。

うさぎさんがずっとこの上に乗っているので、
低温やけどを起こしてしまうのではないかと心配することもあるかと思います。

その場合は、かじっても安全な
チモシーでできた座布団を上に被せておいてあげましょう。

この上に乗ることで、直接ヒーターが体に触れる心配がなくなります。
サイズによっては、すのこの下に設置できるものもあります。

すのこの下に置くのでも十分に効果はありますので、
うさぎさんに合った設置方法を試しましょう。

ケージの外に設置するヒーター

あったかマット出典:ニチドウ

ケージの中に設置したヒーターに乗ってくれないうさぎさんもいるかと思います。
また、どうしてもやけどが怖いという場合もありますよね。

その場合は、ケージの外に設置するタイプのヒーターを使用してみるのはどうでしょう?

外から温めるので、ヒーターに乗らないうさぎさんでも温まることができます。
また、かじって遊んでしまう子のかじり防止にもなります。

高齢のうさぎさんにもおすすめのマイカヒーター

遠赤外線を使用した、マイカヒーターというものがあります。
うさぎさんの体内にある水分に反応して、
うさぎさんの体を内側から温めてくれる商品です。

下半身が動かなくなってしまった介護が必要なうさぎさんは
ケージ内に置くようなヒーターでは低温やけどを起こしてしまいます。

こちらのヒーターならケージの外側から温めてくれますし、
温まりすぎる心配がないですね。

ヒーターの効果を高めるために

ヒーターの効果を高めるためには、
うさぎさんのケージを毛布や布などで覆ってあげたりするのも効果的です。
しかし、この方法でケージ内が暑くなりすぎては意味がありません。

ケージには温度計をつけて、
いつでもうさぎさんの環境を見られるようにしてくださいね。

まとめ

うさぎさんの寒さ対策について紹介してきました。
暑さ対策と同様、寒さ対策もうさぎさんにとって大切なことです。
あなたのおうちで一緒に暮らすうさぎさんに合った寒さ対策をしてくださいね!

うさぎさんのこんなことが知りたい!
うさぎさんのこれってどうなっているの?

うさぎさんに関するあなたの疑問に、みみピクがお答えします!

こんなことが気になる!ということがあれば、ぜひ教えてください。

→ うさぎについての疑問を送る